手荷物のご案内

カウンターでお預けのお手荷物(受託手荷物)について

マカオ航空では全ての区間において受託手荷物の重量制を採用しております。受託手荷物の合計が以下の重量を越えた場合には超過料金がかかります。

ご搭乗のクラス 受託許容重量
ビジネスクラス 30kg
エコノミークラス 20kg
幼児 10kg

サイズ

受託手荷物1個あたりの最大寸法は3辺(縦+横+高さ)の合計が158cm(62in)です。特大サイズ等の特別な荷物(スポーツ用品等)の場合は事前にコールセンター、または航空券を購入された旅行代理店までご連絡ください。
※受託手荷物1個あたりの最大重量は32kg(70lb)までです。なお、別途梱包ができず、他のお客様の受託手荷物や航空機の破損に繋がるような荷物に関しては、受託を拒否することがございます。

機内持ち込み手荷物について

全てのお客様(幼児を除く)は以下の手荷物1個を機内へお持ち込みいただけます。

サイズ 重量
56×36×23cm以内(車輪、取っ手、サイドポケットを含む) 7kg以内

※ 機内持ち込み手荷物の制限を越えた手荷物は、受託手荷物扱いとさせていただきます。また、許容重量を超える受託手荷物には超過料金がかかりますのでご了承ください。

その他

下記の身の回り品は持ち込み可能です。
コート、ショール、傘、杖、松葉杖 小型カメラ、双眼鏡、適量の書物、相当量の免税品、ノートパソコン(備品を含め4kg以内)
幼児用品:幼児用かご型ベッド(ベビーバシネット)、幼児用携帯簡易ベッド(機内で収納可能なもの)、ベビーフードおよびおむつ(機内にて必要とされるもの)、折りたたみ式ベビーカー(機内で収納可能なもの)
※ ベビーバギーや大人用車椅子は受託手荷物となります。

液体類(免税品含む)機内持ち込み手荷物の制限について

国際民間航空機関(ICAO)の指示により、航空機内への液体類(免税品等)持ち込みに関する制限が以下の通り適用されます。
対象便:日本、マカオ、韓国、台湾、中国、シンガポール、タイ、ベトナム

①あらゆる液体物(飲料、香水、オイル、シャンプー等)、ジェル(歯磨き、ヘアジェル等)、エアゾール類等は、100ミリリットル以下の容器に入れてください。100ミリリットルを超える容器は、中身が100ミリリットル以下でも持ち込めませんので、受託手荷物としてお預けください。なお、100ミリリットルは約100グラムとみなします。

②上記の容器を、容量1リットル(1,000ミリリットル)以下で、縦横の辺の合計が40cm以内の透明なジッパー付きプラスチック袋に入れてください。お一人様あたり、袋は1つまで持ち込み可能です。透明プラスチック袋は、ほかの手荷物とは別にして検査係員に提示してください。

③免税品の液体類は機内持ち込みが可能です。目的地まで開封せず購入されたままの状態でお持ちください。ただし、以下の条件が求められる場合があります。
1.密閉式のビニール袋に入っており開封されていないこと
2.購入を証明するレシートがビニール袋内に入っていること

④医薬品、ベビーフード、ベビーミルク等は、機内で必要な容量に限り持ち込み可能です。ただし、ベビーフード、ベビーミルクは乳幼児のお客様が一緒にご搭乗される場合に限ります。また、処方薬は処方箋の写し、病名等が分かる医者の診断書類の提示を求められる場合があります。

上記の内容は予告なしに規制の内容が変更になる場合がございます。また、機内持ち込みの可否は保安検査官に委ねられます。お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

危険物について

以下に該当するものは法令により、機内への持ち込み及びお預かりができませんので、あらかじめご了承ください。
マッチ、ライター、火薬類等の爆発物(花火含む)、高圧ガス、発火・引火性液体、可燃性物質類、酸化性物質類、腐食性物質類、放射性物質類、強磁気性物質、毒物類(殺虫剤含む)、そのほかの有害物、石油ストーブ等の引火性液体等の危険物を燃料とする製品、銃器類、ナイフ類など

リチウム電池・リチウムイオン電池について

リチウム電池やリチウムイオン電池を内蔵した電子機器や予備電池は、リチウム含有量やワット時定格量(Wh)により取り扱いが異なりますので、以下をご確認ください。
なお、お持ち込み可能な予備電池とお預け可能な内臓電池は、ショートや破損しないよう保護されているものに限ります。リチウム電池を取り外すことができないスマートバゲージ等については、お預かり・お持ち込みともにできません。

  持ち込み手荷物 受託手荷物
内蔵電池 予備電池 内蔵電池 予備電池
リチウム含有量2g以下、または100Wh以下 ノートパソコン、携帯電話、デジタルカメラ等 ○※1 ○※2 ×
リチウム含有量2g以下、または100Wh以下 電子タバコ※機内使用不可。台湾路線は持ち込みも不可 △※1 × ×
リチウム含有量2g~8g、または100Wh~160Wh 撮影機器、携帯用医療機器等※マカオ航空の承認が必要 ○※2個まで ○※2 ×
160Wh以上 水中灯、電動自転車等 × × × ×

※1 個人利用のための相当数に限ります。
※2 完全にスイッチを切ってからお預けください。

超過手荷物料金について

受託手荷物許容重量を超えたチェックイン手荷物に関しては、以下の超過手荷物料金(税込)をいただきます。
なお、お客様のご旅程やお預かりする区間により、適用される通貨・料金が異なります。あらかじめご了承ください。

出発地 日本 マカオ 中国大陸 台湾 韓国 タイ
超過料金1kgあたり 2,030円(USD18) MOP148 CNY120 TWD540 KRW19600 THB590

※ 上記以外のエリアでのお支払いの場合、USD設定額をご出発国の現地通貨に換算した金額となります。

手荷物に関するマカオ航空の責任限度について

受託手荷物の取り扱いには細心の注意を払っておりますが、通常の作業過程において起こり得る、下記該当の手荷物の破損及び紛失については、運送約款、社内規定に基づきマカオ航空は免責とさせていただき、補償には応じかねます事をご了承ください。
①切り傷、すり傷、濡れ、汚れ等の軽度の破損
②鍵、ベルト、ストラップ、キャリーカート、ハンドル、車輪、台座、底足、ファスナー、ポケット等荷物の付属品または、外付けの一部とみなされるもの
③腐りやすいもの、壊れやすいもの、ソフトバッグ、ゴルフバッグ等の耐久性に欠ける素材のもの
④過度の重量やサイズの荷物、中身の詰め過ぎによる破損やこぼれ
⑤現金、貴金属類、カメラ、書類、有価証券類、パソコン等電化製品等の貴重品
⑥免責確認済みの受託手荷物
上記破損以外で、特に破損状態がひどい場合や高価な手荷物の場合にも、全額補償には応じ兼ねますので、保険による補償をお勧めいたします。修理を依頼される前に保険会社へご連絡いただき、手荷物事故報告書をもとにお手続きされますよう、ご案内申し上げます。

ペットについて

マカオ航空では、全路線において客室・貨物室問わず、ペットのお預かりはできません。